チケットキャンプを正しく利用してチケットを購入・譲渡する方法

チケキャンは詐欺だ!チケキャンは違法だ!なんていう評判を聞きますが、ルールを理解して利用すれば、大丈夫です。当サイト管理人でチケキャンプレミアム会員の私【塔子】がチケットキャンプを有効に利用できる方法をお伝えします。

チケキャンを正しく理解しよう

チケキャンの電子チケット取引の方法って?トラブルは大丈夫なの?

2018/03/06

チケットキャンプに出品されているチケットは、普通のチケット(紙チケット)の他に、電子チケットというものがありますね。出品されている電子チケットを落札する時、また出品している電子チケットが落札された時のその後の手順を紹介します。

--ここから2017年12月10日追記--
当サイトに訪問して下さりありがとうございます。サイト管理人の【塔子】です。チケットキャンプが2018年5月で終了することが決まりました。買い手としてチケキャンヘビーユーザーの私にとっては悲しいことではありますが、仕方がありません。

【チケットストリート】というサイトが、チケットキャンプと同様にチケットを手に入れることができるサイトとして注目を浴びていますので、ぜひ、チェックしてみて下さいね!

チケットストリートには、たくさんチケットが出品されています!
--ここまで2017年12月10日追記--

電子チケットって何?

塔子当サイトに訪問して下さり、ありがとうございます。サイト管理人の【塔子】です。

私は電子チケットの取引を過去に1度しかしたことがありませんが、その時はトラブルなく取引できましたし、公演会場にも入場できました。

そもそも電子チケットとは何なのか?

電子チケットは、紙のチケットと違って、スマホや携帯電話を利用したチケットのことで、紙を使わない分、エコなチケットと言えますね。

そして、チケットを発券する必要が無いため、発券手数料が発生しないので、電子チケットは地球にもお財布にもエコなチケットかもしれませんね!

さて、チケットキャンプの質問ページに明確な回答がありましたので紹介します。

QRコードなどの電子情報そのものがチケットとなるのです。スゴイ時代になったものです。ライブや公演会場で、読み取り機にスマホをかざしているお客さんたちを見かけますが、あれこそが電子チケットを利用している人たちなんですね。

そんな電子チケットをチケットキャンプでどのように出品して受け渡しするのか?落札した後にどのように受け取るのか?解説していきます。

電子チケットの取引方法!『発送連絡』のタイミングは?

電子チケットを出品している場合は、その旨がキチンと出品チケットの情報に記載されています。落札した後の取引の順序を明確に書いている出品者から落札することをおススメします

もし書かれていなかった場合は、必ず落札前に質問して下さいね!落札してから「思っていたのと違う!」「キャンセルしたい!」とゴネるような迷惑な買い手になってはいけませんよ!

さて、出品されているチケットを落札して、チケキャンのあんしん決済でチケットの代金を支払ったら、出品者(売り手)から買い手へ連絡します。チケットの郵送ではなく、QRコードなどの受け渡しになるので簡単です。方法は2つあります。

【1.チケキャン内の取引チャットで伝える】
QRコードの場合は、売り手から買い手へ、QRコードの画像をアップロード伝えた時点(買い手が電子チケットを確認できる状態になった時点)で『発送連絡』をすると良いですね。

また、URLにアクセスして電子チケットをダウンロードする場合も、URLを伝えればOKです。

【2・メール・LINEなどで伝える】
チケットキャンプでは、チケットの取引をチケキャン外部の連絡手段(メール・LINEなど)で行うことを禁止していますが、電子チケットの取引のみ、例外で認められています。

例えばEMTG(エンターテインメント・ミュージック・チケット・ガード)が扱う電子チケットのような、メールやLINEでのチケットの受け渡しが通常の手段になっている場合がありますからね。

その場合は、チケキャン内の取引チャットで、メールアドレス、LINEのIDを伝えて、電子チケットの受け渡しを行います。この場合も、買い手が電子チケットを確認できる状態になった時点で、売り手は『発送連絡』をすればOKです!

電子チケットの偽造・トラブルを防ぐために買い手が入場するまでチケット代金はチケキャンがお預かり!

過去に、チケキャンでのトラブルで多かったのが、電子チケットの偽造によるトラブルでした。電子チケットを受け取り、買い手が会場で入場しようとしたものの、偽造チケットのため入場できないというトラブルがあったようです。

しかも、買い手は『受取連絡』をして取引完了になっているため、チケット代金は売り手の元へ行ってしまっていて、チケット代金は戻ってこない会場に入場できないという悲惨な目に遭ってしまっていました。

そこで、チケットキャンプは動きました。2016年2月に規約を改定して、このような措置を取りました!

文字が小さくて見づらいかもしれませんが、「電子チケットの取引の場合、偽造QRコードのトラブルを防ぐために、買い手が入場できるまでチケット代金はチケットキャンプが預かっておく」というものです!この措置が始まって以来、電子チケットのトラブルは激減したようです!

なので、買い手は、売り手から電子チケットの情報を受け取ってから、ライブや公演に実際に行って、落札した電子チケットで入場して、ライブや公演が終わってから受取確認』をして取引が完了し、売り手にチケット代金が届くという流れになります。

電子チケットは『あんしん補償』対象外

チケットキャンプには、紙チケットが偽造されていた場合に、そのチケット代をチケット1枚につき最大3万円までチケットキャンプが保障してくれるあんしん補償という措置があります。

ただ、電子チケットはあんしん補償の対象外となります。上記の措置により、電子チケットの偽造によるトラブルに遭う可能性は格段に下がったので、そこまで気にしなくてもいいかもしれません。

ただ、電子チケットの場合は本物のチケットだったとしても、無効となってしまう可能性がゼロではありませんので、落札する場合は注意して下さいね。

チケキャンで落札する時に私が注意していること

塔子電子チケットを落札するにしても、紙チケットを落札するにしても、トラブルに巻き込まれたくないですね。

インターネットの検索で、「チケットキャンプ」「チケキャン」と検索すると、「トラブル」「詐欺」などの文字が乱立して、初めて利用する方々は、特に不安になってしまいますよね。

私はチケットキャンプのヘビーユーザーです。出品もしたことはありますが、主に買い手として利用していますが、一度もトラブルに巻き込まれたことはありません

そんな私が、チケットキャンプでチケットを落札する時に気を付けていることなどを紹介しているページがありますので、もしよければそちらもご覧くださいね。

(人気記事)チケキャンで落札NGなチケットの特徴3選!

(注目記事)初心者よりもチケット転売業者を選ぶ?転売業者を見極める方法

チケットキャンプのルールを理解して、トラブルに遭った時の対処法を身につけていれば、何も怖くありません。安心してチケキャンを利用して下さいね!

-チケキャンを正しく理解しよう